専業主婦が消費者金融から借りにくくなった理由

専業主婦でも一昔前までは、消費者金融から借り入れすることができました。専業主婦キャッシング専用金融商品があったほどです。しかし今では消費者金融などの貸金業者からは、専業主婦がキャッシングすることはできません。貸金業者が守らなければならない法律に、総量規制があります。年収の3分の1を超えた貸し付けを行ってはならないと定めた法律です。もしこれに反した場合、罰せられるのは貸金業者です。行政処分や刑事罰の対象となりますので、正規の貸金業者であれば、これを厳守します。当然消費者金融も守ります。近頃では消費者金融の利用が初めての申込者には寛容な審査を行い、融資枠も大きく設定する傾向にありますが、2社目3社目になるとそれなりに厳しくなるのはそのためです。融資枠を総量規制ぎりぎりいっぱいまで貸し付ける業者も少なく、余裕を持って審査されますので致し方ないことです。となれば専業主婦の扱いも、一貫して無職となり、申込対象から除外されてしまいました。無収入なのですから、貸付できる総量規制の範囲がないのです。クレジットカードなども貸金業者ですので、キャッシング枠は専業主婦で設定することができません。

専業主婦キャッシングを消費者金融で行う方法

しかし専業主婦でも「家計」で審査してもらえます。要するに、家での収入があれば、利用は可能となります。ただしその場合には、その家庭のお金を稼いでいる人の同意が必要になります。多くの専業主婦は夫の稼ぎが家計を支えているでしょう。となれば夫の同意が必要ということになります。夫の収入の範囲で判断され、すでに夫が総量規制ぎりぎりまで借り入れしていれば、借りることはできません。主婦が単独で消費者金融などの貸金業者と契約して借り入れするということはできません。総量規制には例外があり、「一方的に借り入れる側が有利である契約については除外」となっています。たとえばおまとめローンなどですが、総量規制の施行前に作っていた借金について消費者金融の「おまとめローン」を利用してまとめるということであれば、専業主婦でも利用できないは言えません。ただしおまとめローンであることを明らかにするのはそれなりに煩雑です。また無収入ということで、返済のリスクも抱えることになります。顧客獲得のターゲットとしては、あんまりよいとはいえません。わざわざあえてそれを行ってくれる消費者金融が、どれほどあるのかは甚だ疑問です。

もし専業主婦キャッシングを単独で行うなら

もし専業主婦が単独で専業主婦キャッシングの契約を行うなら、総量規制の法律が関わらない金融業者を選ばねばなりません。銀行がその一つです。銀行は貸金業者ではないため、その法律を守る必要はありません。専業主婦に貸し付けても問題はないのです。そういったことから近頃では「専業主婦も申し込める」ということを、明らかにしている銀行も少なくありません。申込の中で「夫の年収」などについて訊かれることはありますが、あくまでも契約は主婦が単独で行うものです。債権者本人のみが支払いの義務を負い、夫が保証しなければならないことにはなりません。本人の同意求められない限り、銀行側が夫の信用情報を取り寄せることもできません。ただし専業主婦については一様に貸付限度枠が低い傾向にあります。パートやアルバイトなどによって収入を持っている主婦であればその収入に基づいて貸付限度枠が審査されますが、専業主婦の場合には、初めから「30万円まで」と決まっているものも見られます。大きな金額を考えている時には、銀行でも専業主婦に対して貸付限度枠を決めてしまっているところは避けるとよいでしょう。それによって期待通りの融資が受けられる可能性があります。

もし専業主婦キャッシングがある貸金業者を見かけたら

こういったことを受け、貸金業者を名乗り「専業主婦キャッシング」などをセールスしているDMなどを見かけるようになりました。融資金額も大きく、総量規制は関係なし、審査も独自審査で信用情報機関からの情報による審査はしない、といった甘い言葉が並んでいます。こういったところは正規業者ではありません。「専業主婦キャッシング」を明らかにしている時点で貸金業者としては違法ですし、「総量規制関係なし」や「審査なし」というのも違法です。違法行為の上での融資ですから、合法的な金利では回収リスクを補うことができないのは必至です。高利での貸付となるでしょう。近頃の違法業者は1週間で4割程度の利息を取る業者も多く、小口融資です。また実際には専業主婦キャッシングを行わず、保証料を先に徴収して融資を行わないといった詐欺も横行しています。専業主婦キャッシングの甘い言葉に惑わされてはいけません。新生銀行のレイクは主婦でもキャッシング出来ますし!銀行などは専業主婦キャッシングといった商品名ではなく、レディースカードローンなどの商品を作っているところもあります。金利が一般的なカードローンと比べて優遇されていることもありますので、そういったものを初めに検討してみるとよいでしょう。